Main | February 2004 »

2004.01.21

陳腐

 『着信アリ』

 いわゆる「冬の角川ホラー映画」の2004年版である。そういえば昨年は「冬の角川ホラー」がなかったような気がするが、気がするだけなのかな。
 近所のヴァージンシネマズに観にいったが、本日(1月17日)が封切りであり、またテレビスポットなどでも大量に流れていたため、客はかなり入っている。そのうちの多くは中高生のようだ。

 内容はというと、これが微妙なところだ。たしかにホラー映画ではあり、それなりに怖くもあるが、しかしその怖さは突然なにかが出てきたりする、ビックリする怖さではあって、それなら森高千里コンサートの幕開けにいきなり大音量が鳴って心臓が縮みあがる、というのと同じだ。そのショッカー演出も、古今東西のホラー映画で繰りかえし取り入れられていた手法ではあって、目新しいところもなく、あらかじめ予想できる範囲のものでしかない。ひとことでいえば、陳腐だ。

 それに「だれにも身近な携帯電話」を小道具につかっている点も、なるほど中高生なら身にしみるだろうが、携帯は持っていても4年前の機種、しかもほとんどつかっていないというぼくにしてみれば、なんとなく遠い出来事であり、その意味からもいまひとつ恐怖が迫ってこない。
 『リング』『呪怨』を傑作ホラーだと思うぼくのようなものからすれば、かなりもの足らないというのが正直なところではあった。

 しかしなにより気に入らないのは、企画・原作が秋元康というところか。「おニャンコ」以来、この人のつくるものは信用できない。それから監督の三池という人も、見た感じがヤクザみたいなので、あまり好ましく思えない。
 ただし柴咲コウはよかった、気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.13

ほんとにあった呪いのビデオ

『ほんとにあった呪いのビデオ/リング編』

 今回は同日同時刻に奇妙な声の入ったビデオを撮った人がいて、それら複数の人を取材してみたら、それらビデオに映っている人が突然自殺していた……という事実が発覚、さらに取材をすすめてみたら、同じ奇妙な声の入ったビデオを撮影しながら自殺者の出していないケースが一件あり、そちらを取材することになるが、最初はビデオに録られた人物に自殺者が相次いでいることは伏せているものの、そのうちほかの投稿者がビデオをコンピュータに取りこんで解析してみた結果、ビデオに映っていたノイズがじつは人の顔に見えることが判明、あらためて自殺者を出していない投稿者のところへ行って、自殺者が出ていることやノイズに顔が映っていたことを告げたら、その投稿者が怒り出し、リポーターを拉致して「ビデオを解析した投稿者」の元に連れて行かせようとしたり、なんだかんだとややこしくも緊迫感あふれる展開になり……

 というような内容であるが、この『ほんとにあった呪いのビデオ』シリーズ、すでにフェイクであることが知られているので、中で紹介されている現象がほんものかどうかをいまさら検討してみてもはじまらない。それよりも、あくまでもつくりものであることを承知した上で、いかにもノンフェクション風にまとめてあるタッチを愉しむのがこのビデオの楽しみ方であろう。

 今回はレポーター役に北川さおりという女性が登場した。このさおりさん、見た目やしゃべり方がエブリ・リトル・シングの持田香織(テレビ東京『黒豚音楽牧場』出身)にそっくりで、ちょっと面白かった。ちなみに北川さおりさんをネットで検索してみたら、公式ホームページもある。たまよという名前でストリップにも出ていたこともあり、女優やらなにやら、いろいろと活動している人のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.12

パイプ購入

 急に思い立って、パイプを買いに行った。パイプ。もちろん水道やガスの塩ビパイプのことではない。タバコを吸うためのパイプである。

 以前、市田さんがパイプが吸いたい。前は吸っていたんだが引越を何回か繰り返すうちにどこかへ行ってしまった、なんていう話をきいてから、ぼくも妙に気になりだして、パイプ関連のWEBサイトやら、喫煙具を扱う店のWEBサイトやらを覗いていたのだが、どうしたわけか、昨日一昨日あたりから急激にほしくなってしまって、しかし、どうせ思ったよりたいしたことはないんだろうとか、すぐに飽きちゃうんだろう、などと考え出したら、なんとなく買いに行く気もくじけかけたものの、午後の2時過ぎ、昼寝から起きたとたん、夢でも見たのか、やっぱりこれは買っておかなくちゃという気分になり、急きょ出かけたという次第である。

 出かける当てはある。WEBで通販もしている「リビングショップ安藤」というお店だ。通販でもいいんだが、しかし店の場所が小田急相模原とあっては、店に直接足を運んだほうが安く着く。それになにより、商品を直に見て選ぶことができる。

 店の場所はわかっている。WEBに地図も載っているし、じつは昨年のうちに一回、買い物に行ったこともある。このときはゴールデンバットを吸う用に「竜キセル」という、豆キセルよりもちょっと長めの、全部金属でできたキセルを買ってきたのだ。

 現地到着は午後の3時ごろ。とりあえず最初は安い入門用のセットを買うことに決めていたが、その入門用にも何種類かあって、さあどれにするかと5分くらいは迷ったが、結局は火皿の部分が大きくて扱いやすそうだったのと、付属のタンパーがつかいやすそうだったのとで、ティ・エル・シーという会社が出している、「紫煙倶楽部/ビギン・ザ・パイプ」という品を選んだ。本体2500円。

 パイプだけを買っても肝心の煙草がなければ吸えないので、その煙草は、これもあらかじめWEBで知識を仕入れていたのだが、アメリカンタイプの、『ハーフ&ハーフ』という銘柄を買いもとめた。これはけっこうメジャーな商品らしく、近所のお店にも置いてあるから、今後吸いたくなったときにもすぐに入手できる。

「パイプは初めてですか」と、これはWEBの作者でもある店の人から話しかけられた。「葉っぱをあまりきつく詰めないほうがいいですよ。じゃあ、まずはこれでがんばってください」そう励まされつつ、生産の済んだ商品を受け取り、お店をあとにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.03

『回路』

黒沢清監督の映画『回路』を観た。レンタルでビデオを借りていたのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.02

うんざり

2004年1月2日(金曜日)
正月早々、うんざりすることばかりで、うんざりする。これではこの先一年が思いやられるが、まあはじめにこれだけうんざりしていれば、これ以上うんざりすることはないかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.01

謹賀新年

例年にもまして、お正月らしくないお正月を迎えましたな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2004 »