« 自己責任などくそくらえ その2 | Main | 一銭も払う必要なし »

2004.04.18

謝罪の必要なし


<イラク人質解放>「ばかやろうと殴りたい」 安田さん父

前々からうすうす感じてはいたけれど、この国の人たちの感覚は決定的におかしい。
どうして被害者側が謝罪する必要がある?
いったいなにを迷惑かけたというのか?

政府高官、あるいは与党の議員あたりの、今回の事件いくら費用がかかったと思っているんだとか、ファシスト石原にいたっては家族に負担させろとか、そこら辺のおやじが言うんならまだしも、とてもではないが責任のある立場にある人間の発言とは思えない暴論がまかり通り、それをけっしてすくなくはない、というか、かなり多くの人間が支持しているという異常さに気がつくべきだ。

国民に迷惑をかけられるのは政府の仕事である。
いざというときは迷惑をかけてもいいように、わたしたちは税金を納めているし、役人を雇っているのだ。

人質家族のひとたちは、とりあえず世間の雰囲気に合わせてそう言っているのか、ちまたの声にもっともだと思いこんでしまったのか、──謝罪させるとか、迷惑をかけて申し訳ないとか、頭を下げてばかりいるけれど、あるいは戦前の共産党員の家族、「非国民」を出した家族の扱われ方、または世間への対応のしかたは、キットこういう風だったんじゃないかと思えてくる。

いずれにしても、国家権力の方針に従わないものは、官民上げての攻撃に晒されるのだ。

|

« 自己責任などくそくらえ その2 | Main | 一銭も払う必要なし »

Comments

初めまして。政府が「自己責任」だとか違和感ある言葉を使い出したら要注意ですね。情報操作のニオイがプンプンです。
おそらくは、今後イラクで民間の日本人が多数死ぬだろうと予想しているのです。そこで、今回の事件を利用して、「これだけ政府が言ったのだから、あとは民間人が死んでも政権批判はできませんよ」と念を押しているという話です。
さすがに、いきなり死なれては政権がもたないので、今回は裏でいろいろ動いたというのが妥当な見方なのだと思います。政府が危機管理のために一生懸命やっていることもアピールできたし、小泉首相は万々歳でしょうか。今後民間人がイラクで死んでも「勝手に行った人が悪い」で済んでしまいそうな雲行きです。
ただ、自衛隊員が死んだ場合の免疫はまだ国民にはできていないでしょうから、近々自衛隊員関係で何かあるかも、と予想できないこともないですね。

Posted by: 徒然ぺんぺん草 | 2004.04.18 at 02:10 AM

徒然ぺんぺん草さま
コメントありがとうございます。

>おそらくは、今後イラクで民間の日本人が多数死ぬだろうと予想しているのです。そこで、今回の事件を利用して、「これだけ政府が言ったのだから、あとは民間人が死んでも政権批判はできませんよ」と念を押しているという話です。

まあだいたい、政府の意図はそんなところあるんでしょうな。

それにしても、この国のひとたちは、為政者の意のままに動きすぎという感じがします。これじゃあもう、政府のやりたい放題ですね。

ぼくが解せないのは、この国の人たちの多くの部分がどうしてあの三人をこれほどまでに憎むのかということです。自分たちと行動規範のちがう人間が許せないのでしょうか。

すくなくともぼくは、自己責任自己責任と大合唱に加わる人たちよりも、あえて危険を冒してまで戦闘地域に赴いた人たちの中にこそ、この国の希望が見いだせると思うのですが。

Posted by: 風太郎 | 2004.04.18 at 11:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11554/455531

Listed below are links to weblogs that reference 謝罪の必要なし:

« 自己責任などくそくらえ その2 | Main | 一銭も払う必要なし »