« さすがはフジサンケイ | Main | どーでもいい・・・JR西「不適切問題」 »

2005.04.26

民営化した結果がこれだ

尼崎脱線事故:
車掌「速度出ていた」 死者57人に(毎日新聞)

民営化すれば取りかえしがつかない、というひとつの悲劇的な例がここにある。

某弁護士さんがこう書いている。

国鉄の分割・民営化の過程で、車台もすべて調べる「交番検査」が、月1回から3ヶ月に1回だったか減らされ、さらに今は「信頼性検査」とかいうのかなぁ、点検で異常なき限り、交番検査が廃止みたい。
 だから、分割・民営化反対の戦いは、「安全性軽視」との戦いでもあった。

公共交通の使命は、乗客を安全に輸送することが第一義であって、乗客に愛想をふりまくことではない。
かつての国鉄は、あるいは無愛想な駅員も多かったかもしれないが、いまのJRよりもはるかに安全だったと思う。

|

« さすがはフジサンケイ | Main | どーでもいい・・・JR西「不適切問題」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11554/3861111

Listed below are links to weblogs that reference 民営化した結果がこれだ:

« さすがはフジサンケイ | Main | どーでもいい・・・JR西「不適切問題」 »