« 繁栄の基礎を築いた? | Main | 自由は死んだ、万雷の拍手の中で。 »

2005.09.08

せめて文句は言え

衆議院総選挙が間近に迫る。

選挙が近くなると、きまってきかれるのが、
「投票に行かなかった者(棄権した有権者)に、政治に対する文句を言う資格はない」
というものだ。

ほんとにそうか?
そうなのかもしれないが、しかし、問題は

「投票にも行かず、文句も言わず」

というひとが多いということではないかな。
すくなくともぼくは、投票に行かなかった人で、文句を言っている人を見たことがない。

なんだかよくわからないけれど、政治に関心がないのか、ろくな候補者がいないのか、どうでもいいと思っているのか知らないが、選挙は行かず、文句は言わず、ただひたすらおとなしく、日常の労働と消費に追われ、そうしてひっそりと死んでゆくとは、支配層にとって願ったり叶ったりの人たちではある。

このさい、選挙なんぞ行きたくないんならそれでもいいが、だったらせめて、

文句は言え。

|

« 繁栄の基礎を築いた? | Main | 自由は死んだ、万雷の拍手の中で。 »

Comments

なるほど、言われてみれば確かにヒツジだらけですね。

ちょっとその辺のこと、考えてみます。

Posted by: オサム | 2005.09.10 at 01:30 AM

コメントありがとうございます。
いったい日本の人たちは、いつからこんな体たらくになったのか、考えてしまいます。

Posted by: 風太郎 | 2005.09.10 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11554/5837875

Listed below are links to weblogs that reference せめて文句は言え:

« 繁栄の基礎を築いた? | Main | 自由は死んだ、万雷の拍手の中で。 »