« 下関駅放火事件 | Main | 堀江貴文容疑者 »

2006.01.17

宮崎勤被告死刑確定

死刑は当然だ。こんな人間は極刑にすべきである。責任能力云々で罪を減ずるのはおろか、無罪なんてとんでもない。だいたい日本は加害者の人権を守りすぎる。被害者の気持ちを思うとやりきれない。

……というような意見が目立ちますな、ブログ界隈では。じつになんというか、おめでたい人たちではある。これだから、小泉ごときにコロッとだまされるんだろう。やれやれ。

義憤にかられたようなことを書きならべるだけ書きならべて、そのくせ明日になればケロッと忘れてしまうくせに。どうせ遺族のことなんか、日ごろはおもってもいないだろうに、こんなときだけよくいうよ。
「被害者が生きていれば、いまごろ……」などと、「死んだこの年齢をかぞえる」たぐいにいたっては、なにをかいわんや。それこそ、余計なお世話というものだ。

しかし、それにしても、あれからもう十七年か。長いような、そうでもないような、──自分自身のこの十七年間を考え合わせたりすると、いろいろと感慨ぶかい。

|

« 下関駅放火事件 | Main | 堀江貴文容疑者 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11554/8209415

Listed below are links to weblogs that reference 宮崎勤被告死刑確定:

« 下関駅放火事件 | Main | 堀江貴文容疑者 »