« June 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.15

靖国小泉=戦後民主主義の失敗

案の定というか予想どおりというか、憲政史上最悪の馬鹿総理=小泉が靖国神社に参拝する。
いまさら驚かないし、正直いうと、意外に怒りもわかない。正確にいうと「怒る気にもならない」。

あの糞野郎の知的レベルでは、どうせたいした考えもなく「参拝するんだといったら参拝するんだ」くらいのつもりかもしれんが(ここらへん、よくわかりません。やつを影であやつる腹黒連中はなにかべつの魂胆があるのか)、すこしは人の迷惑も考えろと、財界のお偉方もご立腹にちがいない。「富田メモ」を日経にスクープさせて圧力をかけたつもりが、むしろ裏目に出たか。

とにかくこれで、中国、韓国との関係悪化は決定的となるが(しかしこれで、日本の国連常任理事国入りは金輪際なさそうだから、それはまあよかったか)、宗主国アメリカもあまりいい顔をしないんじゃないかな。

諸外国との関係以上に、問題は国内にある。
責任の多くは、この程度の人間をのうのうと最高権力者の座に就かせている国民の側にある。

いったいこの国の人たちは、日中戦争、太平洋戦争について、どう考えてきたんだ。中国や韓国になめられる云々と言いだす一般人にいたってはなにをかいわんや。こういう人たちは、どんな教育を受けてきたのか。

いやそもそも、戦中戦後と苦労して生き延びてきた人たちは、肉親を失い、家を焼かれながら、自分たちをそういう目に遭わせた戦争と、その戦争を企てた連中のことをすこしでも考えたことがあるのかね。

どうも、そこらあたり、こころもとない。

「 朕深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑み・・・」
の玉音を聴いて、すっかり気が抜けて、安心して、それからはまた、日々の生活に追われて、生きるのに精いっぱいで、考える余裕もなかったのか。

そこらへんをうまく、日常的な要求を吸いあげつつ、戦争の意味と、ひきつづく現状の困難の裏にある敵の正体をあばいて、大衆に伝達してゆくのが左翼の仕事だったはずが、これがもう、まったくの空回りというか、ぜんぜんべつの方角を向いていたというか、ほとんど役立たずに終わったという感じで、これはあるいは、戦後共産党が占領軍を「解放軍」と規定したところから、すでに負けが決まっていたのかもしれないけれど、それにしたって。

戦後の60年はなんだったんだろうと思うと、かなりむなしいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.09

難病の公費負担縮小へ

難病の公費負担縮小へ パーキンソン病など2疾患

ふざけんな。
難病人はさっさと死ねといわんばかりだ。
こんな国に生まれた不幸を嘆くのみか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | September 2006 »