« August 2006 | Main | November 2006 »

2006.09.21

国旗国歌の強制は違憲という判決──ちょっとした驚き

<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決   [ 毎日新聞]

 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がないことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。

 都教委は03年10月23日、都立学校の各校長に「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について(通達)」という文書を通達。国旗に向かって起立▽国歌斉唱▽その際のピアノ伴奏▽こうした職務命令に従わない場合に服務上の責任を問われることを教職員に周知――との内容で、これに従わず懲戒処分を受けた教職員らが提訴していた。

 判決では、「国旗掲揚、国歌斉唱に反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。起立や斉唱の義務を課すことは思想・良心の自由を侵害する」と判断。

 さらに、「通達や都教委の一連の指導は、教職員に対し、一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法」と指摘した。



・・・まあ、当然の判決ではある。憲法の条文を素直に読めば、おのずと導き出される判断ではある。

しかし、昨今の政治、社会状況のなかにあって、これほど至極まっとうな判決が下されるとは思ってもみなかった。その意味では、ちょっとした驚きではある。

先日死刑判決が確定したオウム真理教事件、麻原彰晃=松本智津夫被告の例を見てもわかるとおり、この国の司法制度がまともに機能しているとはいいがたいが、今回の判決といい、ビラ配布弾圧事件での無罪判決といい、下級審にはかろうじて良識と良心が残っていたということか。
 

| | TrackBack (0)

2006.09.11

最後の皇太子

遅かれ早かれ、天皇制は廃止されるから、こんど生まれた皇族の性別に興味はないが(しかし、マスコミでいうほど奉祝ムードが盛り上がっているとは思えんねえ。雅子びいきの人が多いからかもしれん)、ぼくとしてはただ、ニコライ二世の皇太子、アレクセイと同じような運命をたどらないことを祈るばかりですよ。

| | TrackBack (1)

« August 2006 | Main | November 2006 »