« November 2006 | Main | February 2007 »

2006.12.08

人生は自分で選びたい

イラン人一家、帰国拒否 「人生は自分で選びたい」  [ 12月08日 18時16分 ]

   共同通信 

 帰国させられても日本育ちの子どもが適応できないとして、一家4人の在留特 別許可を求めているイラン人のアミネ・カリルさん(43)=群馬県在住=らが8日、許可しないとする東京入国管理局の方針を受けて都内で記者会見し「子ど ものことを考えると帰国する気持ちはない」と話した。
 代理人の児玉晃一弁護士らは、あらためて在留特別許可の審査を申し立てる方向で準備を進める。
 保育士を目指し、群馬県内の短大への進学が決まっている高校3年の長女マリアムさん(18)は「自分の人生は自分で選びたい。せっかく短大に合格できたのに。今まで頑張ってきたことを無駄にしたくないし、絶対、友達みんなと卒業したい」と訴えた。
 アミネさんは「法相は子どもたちの状況を何も考えてくれていない。同じようなケースで認められた例もあるのに」と話した。


さすが、日本人ではない人だ。
こういう人たちがもっと増えないと、この国は変わらない。
不法滞在、上等じゃないか。
人間は権力者の意のままになる奴隷ではないことを見せつけてやれ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« November 2006 | Main | February 2007 »